レンタルサーバー

エックスサーバーに相性の良いWordPressテーマ7選!

エックスサーバーはWordpressに最適化されている!

エックスサーバーは、WordPressブログに最適なレンタルサーバーです。一例として、Wordpressを簡単にインストールできる機能があり、ブログ立ち上げが簡単です。

他にも、

  • 安定性が高い
  • WordPressの表示速度が速い

など、ブロガー・アフィリエイターが求める機能が、高いレベルで提供されています。

さらに、エックスサーバーに適したWordPressテーマも多数ありますので、WordPressブログの見た目を好きなイメージに仕上げることが出来ます。

この記事では、エックスサーバーでwordpressブログを作る際に、相性の良いテーマをご紹介していきます。

エックスサーバー + WordPressを使用したブログの立ち上げ方については、こちらの記事でご紹介していますのでご覧ください。

エックスサーバーでブログを作ろう!申し込み手順とwordpress設定を解説!

エックスサーバーはWordPressを簡単に利用できる

エックスサーバーでは、「WordPress簡単インストール」機能が用意されています。

とても簡単にWordPressをインストールできる機能で、本当にポチポチっと数クリックするだけでWordPressブログをインストール完了することができます。

「WordPress簡単インストール」機能は、管理画面(サーバーパネル)にログインするとすぐにメニューに表示されているので迷いがありません。

 

また、他社レンタルサーバーからWordPressブログを移行するのも簡単です。

こちらはエックスサーバー登録後に「WordPress簡単移行」と呼ばれる機能を使うことで、数項目を入力するだけで引っ越しが完了します。

さらに楽をしたい!という場合には、オプションサービスの「設定代行サービス」を使うことで、エックスサーバーの専門スタッフが引っ越し作業を代行してくれるサービスも実施しています。

■「設定代行サービス」の詳細を公式ページで確認する
https://www.xserver.ne.jp/

WordPressとWordPressテーマについて

WordPressとは

当記事は「エックスサーバーに最適なWordPressテーマ」ということですので、そもそも、WordPressとは何ぞや。というところも少し解説しておきましょう。

WordPressとは、無料のブログ用ソフトウェアで、世界の全ウェブサイトのうち、43%がwordpressでできています。ちなみに日本国内では83.8%という高いシェア率を誇ります。

米国のホワイトハウスの公式HPもWordPressで作られている、と言えばその権威性や有用性が伝わるでしょうか。

 

人気の秘密は、特別なプログラミング技術やHTML知識などがほとんどない方でも、簡単に扱えることが挙げられます。

初心者ブロガーにとって、wordpressブログを始めることが、ブログ運営の最適な答えだと言えるでしょう。

大手企業から個人ブロガーまで、多くの方がエックスサーバーのようなwordpressブログに最適化されたレンタルサーバーを利用しています。

WordPressのインストール方法について

wordpressのインストールは、wordpress公式サイトを経由しても良いですが、最近はレンタルサーバーの管理画面から直接インストールする仕組みが一般的になっています。

エックスサーバーは、WordPressがワンクリックでインストールできるので、あまり手間がかからずにwordpressブログを始めることができます。

また、エックスサーバーの管理画面からサーバーとWordPressの設定ができるようになるので運用がとても楽です。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)について

WordPressのようなブログ用ソフトウェアをCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼びます。WordPress以外のCMSとしては、Movable Typeなどがあります。

Movable Typeはアメリカ企業の「シックス・アパート株式会社(Six Apart, Ltd.)」が開発し、提供するCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

Movable Typeは、個人でも気軽に使えるCMSであるWordpressとは違い、商用利用も念頭に置いたCMSとして知られています。

無料のWordpressに対して、Movable Typeは有料になる(個人利用などの場合を除く)のも大きな違いですね。

WordPressブログとは

WordPressブログは、文字通りWordPressを利用して作られたブログのことです。

最近ではアフィリエイトプログラムなどに参加して、収益化を目的としてWordPressブログを立ち上げるユーザーが増えています。

WordPressテーマとは

WordPressテーマとは、主にデザイン面でのテンプレート(骨組み)のようなものです。

難しいプログラミングなどの知識がなくても、テーマを設定するだけでかっこいい見た目のブログを作ることができます。

デザインだけでなく、画像のアップロードツール、アフィリエイトリンクの管理、セキュリティなどがパックされていることが多いです。

また、SEOに強い仕組みを構築したテーマもあり、自動で検索上位を目指すセッティングをしてくれます。あとからSEO対策用プラグインをインストールする必要がなくなって便利です。

テーマ独自の設定や、装飾機能がありますので、テーマの変更はやや面倒です。ですので、できれば最初に設定してその後ずっと使い続けられるテーマを選ぶのが望ましいですね。

WordPressテーマの例

例えば当ブログでは、THE THOR(ザ・トール)と呼ばれるテーマを利用しています。

WordPressテーマは、WordPressブログに簡単に設定することが出来て、すぐにきれいな見た目のブログを構築することが出来るようになっています。

THE THOR(ザ・トール)では、各種機能が、初心者でも使いやすいように配慮されて作られています。

使いやすいテーマを選ぶことで、ブログ・Webサイトの作成がとても楽になりますよ。

エックスサーバーにおすすめのWordPressテーマ

WordPressのインストールが完了したことを確認できたら、次にやることといえば、Wordpressテーマの設定です。

ここでは、ブロガー・アフィリエイターにオススメのテーマをご紹介しておきます。

それぞれの特徴や価格などを紹介していきます。

エックスサーバー + THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)は当ブログで使用しているテーマです。

SEO(検索上位表示)対策に力を入れており、あとから追加でSEO関連のプラグインを入れる必要がないのでラクです。

「デザイン着せ替え機能」が搭載されており、プロのWebデザイナーが作ったような本格的なWebサイトを、驚くほど簡単に作ることが可能です。

複数のサイトで利用することが出来るので、コストパフォーマンスに優れているのも良いですね。

THE THOR(ザ・トール)公式サイトへ

エックスサーバー + STOKE19

STOKE19は、OPENCAGE株式会社が制作したブログ専用のWordPressテーマです。

どちらかといえば初心者に向いているテーマで、必要最低限の機能を厳選し、とにかく使いやすさを追求しています。

テーマインストール直後の状態で、テーマ紹介ページと同じような、温かみのあるデザインが利用できるのもうれしいですね。

ただし、複数サイトでの利用をすることが出来ないのが弱点です。

THE STOKE 公式サイトへ

エックスサーバー + SWALLOW

SWALLOWは、上でご紹介したSTOKE19の廉価版テーマになります。プロブロガーの八木仁平氏が監修。

STOKE19と同じく、HTMLやCSSの知識がない初心者でも簡単に扱えるように作られています。

SWALLOW 公式サイトへ

エックスサーバー + ACTION (AFFINGER6)

ACTION(AFFINGER6)は、その名の通り、主にアフィリエイターに向けたWordPressテーマです。

高いカスタマイズ性能や、豊富な装飾機能などで読者の関心を惹くようなブログを構築することが可能です。

また、テーマ自体に高度なSEO設定をすることができるため、SEO対策用のプラグインを別途インストールする手間が省けます。

複数サイト利用もOK。

一方で、あまりに多機能、かつ自由度が高いため、使いこなすまで時間がかかるというデメリットもあります。

ACTION (AFFINGER6)公式サイトへ

エックスサーバー + 賢威

賢威は、ウェブ制作会社「ウェブライダー」に所属するSEOの名手、松尾氏が制作したWordPressテーマです。

制作した松尾氏は、Webマーケッター・ブロガー界隈での評判が高い名著「沈黙のWebマーケティング 」「沈黙のWebライティング 」を執筆した人物です。

賢威の性能も察して知るべし、といったところでしょうか。

機能の一例として、著者情報の表示が設定できて、SEO対策に欠かせないE-A-T(専門性、権威性、信頼性でコンテンツの品質を確保する)を高めることが出来ます。

複数サイト利用OK。

弱点としては、他テーマと比べると販売価格が高いことが挙げられます。

賢威 公式サイトへ

エックスサーバー + Diver

Diver(ダイバー)は、シンプルで洗練されたデザインながら高機能を実現したWordPressテーマです。

Googleのアルゴリズムアップデートに合わせて何度も改良を重ね、SEO対策に最適なテーマを構築しています。

機能の一例としては、記事下に表示するCTA機能、ランディングページ機能、ページ表示速度を速くするAMP機能などブログアフィリエイトに必要な機能が充実しています。

高機能で難しい一面もありますが、サポートの評判が良いので、何かわからなければ問い合わせてみると良いでしょう。

Diver 公式サイトへ

エックスサーバー + STREETIST

STREETISTは、株式会社RETVALが開発したテーマで、おしゃれなデザインがすぐに構築できるWordPressテーマです。設定が簡単なので初心者にもおすすめできます。

GoogleAdsenseの表示が簡単にできたり、プラグイン不要で、SEOタイトルやディスクリプションなどのSEO設定を入力可能など、ブロガー・アフィリエイターに向けた機能も充実。

サイトを高速で表示させるための作りが優れており、ページ表示速度が速いのも特徴のひとつ。

弱点としては、まだ新しいテーマなので、他社の有名テーマよりもネット上に情報が少なく問題解決しにくいという点が挙げられます。

STREETIST 公式サイトへ

WordPressで必要な初期設定

エックスサーバーでは、WordPressを簡単にインストールすることが出来ますが、インストール以外にも必要な初期設定があります。

  1. サイトタイトルやアドレスの設定
  2. 記事のカテゴリー設定
  3. 記事や投稿に関する設定
  4. コメントやピンバックの設定
  5. メディア(画像サイズ)の設定
  6. パーマリンク(記事や固定ページのURL)の設定
  7. 個人情報保護に関するプライバシーポリシーページ

など、これら設定をせずに、先に記事執筆してしまうと、あとから調整するのが面倒になる項目もあります。

すぐに記事を書きたい気持ちを抑えて、着実に1つずつこなしていきましょう。

ブログの環境を整えるという意味で、WordPressテーマのダウンロードや設定と合わせて、実施してしまうのがおすすめです。

WordPressテーマのSEO設定について

WordPressテーマの反映時におけるWordPressのSEO設定についてですが、今回ご紹介したテーマについてはすべて初期ダウンロードした段階ですでに最適化されています。

ひと昔までAll in One SEO PackなどのSEO関連のプラグインを必ずインストールするように指示している記事も多かったですが、現在のWordPressテーマはその限りではありません。

実際に私もTHE THOR(ザ・トール)とAll in One SEO Packの両方を入れていたのですが、SEO設定で何か問題が起きたときに原因の切り分けがしにくくなったという経験があります。

それだけではなく、競合して予期せぬ動きになる可能性もあるため、現在ではテーマ側のSEO機能に任せてAll in One SEO Packは切っています。

WordPressテーマでよくある質問

エックスサーバー + WordPress + 有料テーマについて、よくある質問をまとめました。

購入したテーマを複数ブログに使うことはできますか?

テーマの販売元によって違ってきますので、確認が必要です。

私が使っているTHE THOR(ザ・トール)については、1つライセンスを購入するだけで複数ブログに使うことが出来ますので、非常にお得です。

複数サイトを運用する予定の方は、確認することをおすすめします。

エックスサーバーから他社レンタルサーバーへの引っ越し方法を教えてください。

レンタルサーバーのサービスについて不満を持ち、他社のサーバーへ乗り換える人は少なくありません。実際私も何度も引っ越し作業をしています。

スムーズに引っ越しを行うには、引っ越し先のレンタルサーバーの管理画面から、「WordPress引っ越し」関連のツールを使用します。

引っ越し関連のツールは、すべてとは言えませんが、多くのレンタルサーバー会社で用意されている機能です。事前に機能の有無を確認すると良いですね。

エックスサーバーからのおすすめの引っ越し先は、ConoHa Wing(コノハ ウィング)です。

ConoHa Wing(コノハ ウィング)ではWordPress移行代行サービスを実施しており、面倒な引っ越し作業は全部丸投げすることができます。

また、表示速度も速いので乗り換えるメリットがあります。

エックスサーバーにWordPressテーマの割引プランはありますか?

エックスサーバーには、この記事を執筆している時点では、残念ながらWordPressテーマの割引プランはありません。

WordPressテーマの割引プランがあるのは、ConoHa Wing(コノハ ウィング)お名前.comレンタルサーバーになります。

ConoHa Wing(コノハ ウィング)では、THE SONIC、JIN、Cocoonなどの人気テーマを割引価格で利用できます。

お名前.comレンタルサーバーでは、今回ご紹介もしたWordPressテーマである賢威THE THOR(ザ・トール)の割引プランが用意されています。

エックスサーバーにWordPressテーマを導入する方法は?

エックスサーバーにWordPressテーマを導入する方法は、エックスサーバーにWordPress簡単インストール機能を追加したのち、WordPressの管理画面からインストールします。

まずはエックスサーバーを申し込み、WordPressを使えるようにするところから始めましょう。

■エックスサーバーを申し込む
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーで快適なwordpressブログを!

XServer(エックスサーバー)は、Wordpress利用者にとって最適なチューニングが施されたサーバーです。

今回ご紹介した「WordPressテーマ」を使えば、すぐにSEOに強いWebサイトを簡単に構築できるので、大変便利です。

さらに、エックスサーバーでは、WordPressブログを複数作っても耐える機能やスペックで、動作が重くなりがちなWordpressブログをサクサク動かせる処理スピードを提供してくれます。

初心者の方は、Wordpressに最適化されたエックスサーバーの良さをぜひ体感してみてください。初めての1台に間違いないレンタルサーバーです。

エックスサーバー公式ページへ

エックスサーバー関連の記事一覧

当ブログでは、エックスサーバーに関する記事を特集しています。

実際に長年エックスサーバーを借りて感じたことをベースに書いていますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. [完全解説]XサーバーでWordPressサイトを作る方法
  2. エックスドメインとエックスサーバーでサイトを作ろう。設定手順。
  3. エックスサーバーの「wpXブログ」って稼げるの?無料で気軽だけどデメリットもあり。
  4. エックスサーバーでブログを作ろう!申し込み手順とwordpress設定を解説!

  5. エックスサーバーの契約手順や特徴を徹底解説。ブログを始めよう!

  6. エックスサーバーの口コミ・評判を徹底チェック!ユーザー目線の使用レビューをご紹介。

  7. エックスサーバーと良く比較されるレンタルサーバーを4社ご紹介。[WordPressに最適]
  8. エックスサーバーの料金プランを解説!便利な機能もご紹介。
  9. エックスサーバーが過去に実施していたキャンペーンまとめ。頻度やお得に契約する方法もご紹介。

  10. エックスサーバーに独自ドメインを設定しよう!新規ドメインの取得方法も解説。
  11. エックスサーバーのキャンペーン「無料ドメイン」のデメリット。
  12. エックスサーバーに相性の良いWordPressテーマ7選!
  13. エックスサーバーのFTP設定と接続方法について解説。
  14. エックスサーバーのログイン方法やサーバーパネルの使い方を解説。
  15. エックスサーバー株式会社とは。業績や沿革について。レンタルサーバー以外の事業もご紹介。
  16. エックスサーバーのメール設定。アカウント追加や使い方を解説。
  17. おすすめのレンタルサーバー5選【WordPressブログ初心者に最適】

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事