レンタルサーバー

Xserver(エックスサーバー)の同時アクセス数を実メディア運用で計測。

Xserverの同時アクセス数

Xserver(エックスサーバー)は同時アクセスに対する耐性が強いので、問題なくアクセスを処理してくれます。
筆者は、エックスサーバーで月間PVが40万以上のサイトを運営しています。

アクセス集中時の安定感は非常に高く、数百人が同時アクセスしても、これまで一度もエラーが起こっていません。
私がエックスサーバーで運営しているメディアは、キュレーションメディアに記事を拾ってもらう仕組みを構築しており、ときおり同時アクセス数が跳ねることがあります。
事業レベルの本格的なメディア運営をする場合でも、信頼できるパフォーマンスを発揮してくれています。

プランはスタンダード(X10)

機能 スタンダード プレミアム ビジネス
月額費用(税込) 990円 1,980円 3,960円
初期費用(税込) 3,300円 3,300円 3,300円
無料お試し期間
ディスクスペース(NVMe SSD) 300GB 400GB 500GB

エックスサーバーのプランはスタンダード・プレミアム・ビジネスの3種類になります。

私が契約しているのは、スタンダードプランです。

数十万PVを超えるような、本格的なメディア運営をしても十分な性能を発揮してくれます。

ページ表示速度や同時アクセス耐性に優れているので、サーバー管理に一切気を使うことなく、記事執筆に時間を割くことができます。

プランは改定されることが多いので、最新の情報を公式HPでチェックしてみてください。

■エックスサーバー
https://www.Xserver.ne.jp/

スタンダード(旧X10)プラン詳細スペック

ディスク容量 300GB
転送量(1日) 900GB/日
メモリ 8GB
CPU 6コア
月額料金 990円〜

スタンダード(旧X10)でもかなりの高性能です。

 

ディスク容量300GBについてですが、私が別で6年間運営して1000記事以上ストックがあるメディアでもやっと30GB程度です。

ですので、個人レベルだと10年ぐらい使い続けてもまだ余るぐらいの容量です。

 

データ転送量についても、一般的なWebページのファイルサイズは1ページあたり「1.0MB ~ 3.0MB」くらいと言われています。

動画や画像を多用する場合、データ転送量は大切な選定基準の一つです。

 

仮に、月間10万PVのホームページを作る場合を考えてみましょう。

3.0MB × 100,000 = 300GB のデータ転送量が必要となります。

かなりざっくりとしていますが、ひと月を30日だとして、1日あたりの必要転送量は10GB程度です。

 

スタンダードプランの900GB/日というのは途方もない数値ということがわかります。

※さらに現在では、データ転送量上限は撤廃されて、無制限となりました。転送量については気にする必要はほとんどありません。

このたび『エックスサーバー』では、
大量アクセスへの耐性強化、ネットワーク通信の高速化のため、
データセンターのバックボーンネットワークを増強し、
これにあわせて1日あたりの転送量の上限を《無制限化》いたします。

引用:https://www.Xserver.ne.jp/

Xserverの同時アクセス数耐性

同時アクセス100-300人

GoogleAnalyticsのリアルタイムアクセス表示
GoogleAnalyticsのリアルタイムアクセス表示
エックスサーバーは、アクセス集中時の安定感に関して、非常に安定しています。同時アクセス数が100人-300人程度でしたら、全く問題ありません。

ブログがバズって数百人の同時アクセスがあるような時も、これまで一度もエラーが起こっていません。安定性が非常に高く信頼できるサービスです。

 

これまで、多くのレンタルサーバーを借りてきましたが、中にはアクセス集中時に落ちてしまうレンタルサーバーもありました。

 

エックスサーバーは、月額1000円前後のレンタルサーバーに分類されますが、1000円前後のサーバーは安定している印象です。

一方で、月額500円前後のレンタルサーバーでは、数百人がアクセスすると503エラーを吐いて、ページが表示されなくなることがあります。

コストを重視するか、安定性を重視するかで選び分けをすると良いでしょう。

同時アクセス数500人

同時アクセス数が500人前後でも、安定した表示を実現してくれました。

さすがにこのレベルの同時アクセスは、6年運営しているメディアでも、数回しか体験していませんが、エックスサーバーの性能の高さを実感することができました。

同時アクセス数1000人

検証結果や調査結果によると、1000ユーザーぐらいで不安定になってくるようです。残念ながら、1000人越えの同時アクセスを経験したときは、別サーバーでしたので検証はできていません。

ただ、1000ユーザーの同時アクセスは、SNSなどでバズらない限りは滅多に起こりえない数字なので、気にしないでも大丈夫です。

Xserverは同時アクセスにめっぽう強い

先述しましたが、エックスサーバーは、月間40万PVのメディア運営をしっかり支えてくれる屋台骨として、機能してくれています。

本気のメディア運営を支えてくれるサーバーと言えるでしょう。

 

また、アクセスが集中しても安定していますし、WordPressの表示速度も速いです。
初心者の方は、Wordpressに最適化されたエックスサーバーの良さをぜひ体感してみてください。初めての1台に間違いないレンタルサーバーです。
エックスサーバー公式ページへ

期間限定のキャンペーンで安く始めることができる場合がありますので、キャンペーン内容や期間を確認しましょう。

■エックスサーバー
https://www.Xserver.ne.jp/

エックスサーバー関連の記事一覧

当ブログでは、エックスサーバーに関する記事を特集しています。

実際にエックスサーバーを契約した所感をベースに執筆していますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. エックスサーバーでブログを作ろう!申し込み手順とwordpress設定を解説!

  2. エックスサーバーの契約手順や特徴を徹底解説。ブログを始めよう!

  3. エックスサーバーの口コミ・評判を徹底チェック!ユーザー目線の使用レビューをご紹介。

  4. エックスサーバーの料金プランを解説!便利な機能もご紹介。
  5. エックスサーバーが過去に実施していたキャンペーンまとめ。頻度やお得に契約する方法もご紹介。

  6. エックスサーバーに独自ドメインを設定しよう!新規ドメインの取得方法も解説。
  7. エックスサーバーのキャンペーン「無料ドメイン」のデメリット。

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事