レンタルサーバー

エックスサーバーのおすすめ料金プランはスタンダード(X10)!便利な機能もご紹介。

エックスサーバーの料金プランについて

エックスサーバーの料金プランは、期間限定の割引プランが適用されていることがあり、お得に利用することができます。

具体的には、初期費用無料や、月額料金キャッシュバックキャンペーンなどを頻繁に実施しています。さらに、ブログ開設に必須な「独自ドメイン」の使用料無料などもあります。

ただし割引やキャンペーンを適用するには条件など必要な場合があります。

この記事では、エックスサーバーをお得に利用するためにはどうしたら良いのか、解説していきます。

エックスサーバーの月額料金

エックスサーバーの月額料金は、個人向けのエックスサーバーと、法人向けのエックスサーバー ビジネスで違ってきます。

最も安いのが、スタンダード(旧X10)プランで、月額990円から。

レンタルサーバーあるあるですが、月額料金は結構頻繁に変わります。まず最初に、エックスサーバー公式ページにて最新の料金を確認してみてください。

→最新の料金表を確認する

この記事を書いている時点では、利用料金が最大で30%オフになり、693円〜となっています。

また、契約特典として1年間限定で独自ドメインを無料で提供するサービスが付いてきます。

さらに、期間限定ではありますが、.comや.netの人気ドメインが永久無料となるキャンペーンを実施していることもあります。

 

エックスサーバーの過去のキャンペーン履歴は以下の記事でまとめています。

エックスサーバーが過去に実施していたキャンペーンまとめ。頻度やお得に契約する方法もご紹介。

エックスサーバーのおすすめプランについて

エックスサーバーのプランですが、スタンダード(旧X10)、プレミアム(旧X20)、ビジネス(旧X30)プランの3種類があります。

 

各プランの違いは、月あたりの転送量の最大値や、ディスク容量が異なります。また、サーバースペック(CPUやメモリ)も上位プランの方が強化されています。

一方で、機能面についてはほぼ同じです。

 

個人メディア運営者におすすめのプランは、スタンダード(旧X10)プランです。

ですので、プレミアムとビジネスに関しては詳しく詳細を知る必要はあまりないといえます。ですが、念のため各プランの転送量とディスク容量をご紹介しておきますね。

スタンダード(旧X10)プラン

ディスク容量 300GB
転送量(1日) 900GB/日
メモリ 8GB
CPU 6コア
月額料金 990円〜

プレミアム(旧X20)プラン

ディスク容量 400GB
転送量(1日) 1200GB/日
メモリ 12GB
CPU 8コア
月額料金 1980円〜

ビジネス(旧X30)プラン

ディスク容量 500GB
転送量(1日) 1500GB/日
メモリ 16GB
CPU 10コア
月額料金 3960円〜

各プランにおいて、大きく違う点について一覧表にしました。

スタンダード(旧X10)でもかなりの高性能です。

 

ディスク容量300GBについてですが、私が別で6年間運営して1000記事以上ストックがあるメディアでもやっと30GB程度です。

ですので、個人レベルだと10年ぐらい使い続けてもまだ余るぐらいの容量です。

 

データ転送量についても、細かい計算は省きますが、仮に月間10万PVのホームページでも1日あたりの必要転送量は10GB程度です。

1日900GBというのは途方もない数値ということがわかります。

 

それをたったの月額990円で使えるというのは、本当に凄いことです。

エックスサーバーの料金体系

契約期間 スタンダード プレミアム ビジネス
3ヶ月 1,320円 2,640円 5,280円
6ヶ月 1,210円 2,420円 4,840円
12ヶ月 1,100円 2,200円 4,400円
24ヶ月 1,045円 2,090円 4,180円
36ヶ月 990円 1,980円 3,960円

エックスサーバーの料金についてですが、契約期間によって月額料金が変わってきます。長期契約になるほどお安くなる仕組みです。

エックスサーバーの法人向け契約について

エックスサーバーについて、Xserver Business(エックスサーバー  ビジネス)と呼ばれる法人向け契約が用意されています。

こちらも通常のエックスサーバーと同様に、3種類のプランに分かれています。

スタンダード(旧B10)

ディスク容量 300GB
転送量(1日) 900GB/日
月額料金 3,762円〜

プレミアム(旧B20)

ディスク容量 400GB
転送量(1日) 1200GB/日
月額料金 7,524円〜

エンタープライズ(旧B30)

ディスク容量 500GB
転送量(1日) 1500GB/日
月額料金 11,286円〜

個人向けプランに比べると、ディスク容量や転送量については違いがありませんが、1サーバーあたりの収容数の制限をすることでサーバースペックに差があります。その分、月額費用は高価になっています。

  • サーバースペックが向上
  • セキュリティ面、信頼性
  • サーバー設定の無料代行サポート

以上3点が、通常のエックスサーバーとの違いです。

また、初期費用に関しても16,500円とお高くなっています。※現在、3ヶ月・6ヶ月契約で8,250円、12ヶ月以上の契約で初期費用0円というキャンペーンを実施しています。

エックスサーバーBusinessの料金体系

契約期間 スタンダード プレミアム エンタープライズ
3ヶ月 5,016円 10,032円 15,048円
6ヶ月 4,598円 9,196円 13,794円
12ヶ月 4,180円 8,360円 12,540円
24ヶ月 3,971円 7,942円 11,913円
36ヶ月 3,762円 7,524円 11,286円

月額料金に関しては、エックスサーバーと同様に長期契約ほど安くなる料金体系を採用しています。

エックスサーバーのおすすめ契約期間

エックスサーバーのおすすめの契約期間は、割引率と、イニシャルコストのバランスがとれた「12ヶ月」契約がおすすめです。

 

レンタルサーバーを契約するときは、長期契約をすればするほど割引が大きくなり、お得になる仕組みです。

ですが、長期契約には以下のようなデメリットがあります。

  • サービス終了する可能性がゼロではない
  • サーバーの引っ越しをしたい場合に契約期間が余ることがある

 

レンタルサーバーはサービスの性質上、途中解約した場合の残り期間の返金は認めていない場合がほとんどです。

ですので、あまり長期すぎる契約ですと、小回りが利かなくなる可能性があります。

 

サーバーの契約期間について、以下の記事でより詳しく解説しています。

レンタルサーバーのベストな契約期間は?バランスのとれた12ヶ月がおすすめ。

エックスサーバーのオプションについて

エックスサーバーでは、独自SSLの設定をすることができます。

SSL(HTTPS)化は、モダンなWebサイトには必須の設定で、Googleからも設定するように推奨されています。

 

URLの先頭に付く「http」を「https」にするための設定ですね。

末尾に「s」がつくWebサイトは、暗号化通信という技術を使ってデータをやりとりするため、通信中の情報を外部から盗まれないようになります。

クレジットカード情報などをやりとりする場合必須の設定ですが、昨今では個人ブログでも、訪れたユーザーに信頼を与えるために求められています。

 

エックスサーバー では無料の独自SSL化機能が提供されている他、オプションとして年間880円からオプション独自SSLを発行することができます。(個人ブログであれば「無料独自SSL」を利用すれば大丈夫です。)

エックスサーバーのドメインについて

エックスサーバーは、ドメインを販売できる「レジストラ」であり、サーバーとドメインをセットで使用することができます。

エックスサーバー株式会社は、ドメイン貸与サービスをする「レジストラ(ドメイン名登録機関)」です。ドメインを提供する企業は「レジストラ」と呼ばれており、一部の限られた、信頼性の高い企業でしか提供ができません。

現在、契約特典として.comや.netの人気ドメインが永久無料となるキャンペーンを実施しています。

ドメイン単体での販売もしており、人気の.comドメインも1円から利用することができます。

一昔前までは、レンタルサーバーとドメインは別々で契約するのが普通でしたが、時代は変わりましたね。基本的にはレンタルサーバー代のみでWebサイトを運用していくことが可能です。

エックスサーバーの料金でよくある質問

エックスサーバーの支払い方法を教えてください

お支払い方法は、クレジットカード(JCB、VISA、MasterCard、AMEX)、銀行振込み、Pay-easy(ペイジー)、スマホで支払えるpaidy(翌月後払い)・コンビニ払いから選べるのでお好きな方にしましょう。

銀行振込みは三井住友銀行(SMBC)となります。

コンビニ払いはセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマートで支払いが可能です。

オススメはクレジットカード。手間が省けるうえに、後から自動更新にすることもできるので便利です。支払いを忘れるとサーバーが止まってしまうので注意が必要です。

エックスサーバーの支払いは一括払いできる?

長期契約にすると、契約期間分の料金を一括払いする形となります。

例えば12ヶ月契約にすると、12ヶ月分の月額料金 + 初期費用が一括請求されます。

独自ドメインはどうやって購入できますか?

ドメイン単体をご希望の場合、エックスサーバーが提供するドメインサービスであるXserverドメインで取得することができます。

エックスサーバーユーザーはお得な価格で取得することが可能なので、購入前にエックスサーバーを契約し、エックスサーバーアカウントでドメイン取得の手続きをすることをオススメします。

Xserver公式サイト

Xserverドメイン公式サイト

料金プランの変更はどのようにすれば良いですか?

料金プランの変更は、エックスサーバーアカウントにログインして、エックスサーバー 契約管理ページ内の「プラン変更」から実施することができます。

契約期間中であればいつでも変更可能です。また、プランのダウングレードも可能なので、アクセスが集中する月だけアップグレードする、という使い方もすることができます。

他社のサービスではアップグレードのみ対応というサービスもあるので、エックスサーバーのプラン変更は非常に柔軟です。

支払い金額を確認するにはどうすれば良いですか?

エックスサーバーアカウントにログインし、上部メニューの「料金支払い」→「お支払い履歴」から確認することができます。

操作についてサポートはありますか?

電話サポートで操作についてサポートを受けることができます。利用中のレンタルサーバーに関する相談のほか、運用・設定に関する相談や、各種プログラムの新規インストールや更新方法についても答えています。

エックスサーバー公式サイトの右上、「サポート」をクリックして電話またはメールで問い合わせしましょう。XserverアカウントIDを伝えれば、対応してくれます。

また、「サポート」ページも充実しており、電話orメールで問い合わせる前に解決してくれることもあります。

→Xserver公式サイト

エックスサーバーは低価格&高性能を両立したレンタルサーバー

エックスサーバーは、個人で借りても負担の少ない月額料金となっています。一方で、アクセスが集中した際もエラーなどを起こさずに、とても安定しています。

初心者の方は、ぜひ低料金&高性能を両立したエックスサーバーの良さをぜひ体感してみてください。初めての1台に間違いないレンタルサーバーです。

エックスサーバー公式ページへ

エックスサーバーに関連する記事

当ブログでは、エックスサーバーに関する記事を特集しています。レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. [完全解説]XサーバーでWordPressサイトを作る方法
  2. エックスドメインとエックスサーバーでサイトを作ろう。設定手順。
  3. エックスサーバーの「wpXブログ」って稼げるの?無料で気軽だけどデメリットもあり。
  4. エックスサーバーでブログを作ろう!申し込み手順とwordpress設定を解説!

  5. エックスサーバーの契約手順や特徴を徹底解説。ブログを始めよう!

  6. エックスサーバーの口コミ・評判を徹底チェック!ユーザー目線の使用レビューをご紹介。

  7. エックスサーバーと良く比較されるレンタルサーバーを4社ご紹介。[WordPressに最適]

  8. エックスサーバーの料金プランを解説!便利な機能もご紹介。

  9. エックスサーバーが過去に実施していたキャンペーンまとめ。頻度やお得に契約する方法もご紹介。

  10. エックスサーバーに独自ドメインを設定しよう!新規ドメインの取得方法も解説。
  11. エックスサーバーのキャンペーン「無料ドメイン」のデメリット。
  12. エックスサーバーに相性の良いWordPressテーマ7選!
  13. エックスサーバーのFTP設定と接続方法について解説。
  14. エックスサーバーのログイン方法やサーバーパネルの使い方を解説。
  15. エックスサーバー株式会社とは。業績や沿革について。レンタルサーバー以外の事業もご紹介。
  16. エックスサーバーのメール設定。アカウント追加や使い方を解説。
  17. おすすめのレンタルサーバー5選【WordPressブログ初心者に最適】

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事