WORDPRESS

[wordpress]サイトアドレスの設定を間違えてログインできない。[mixhost]の解決方法。

wordpressのサイトアドレスを間違えて設定して、管理画面にログイン出来なくなった場合の解決方法です。

mixhostのレンタルサーバーを使用している方に向けた解説です。

wordpressのサイトアドレスを間違えて設定した

WordPressの設定→一般設定で、WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)を間違えて設定してしまうと、管理画面にログイン出来なくなってしまって、焦ります。

トノ君

WordPressアドレス(URL)をいじったらログインできくなったぞ。(汗

俺のブログ、壊れたのか?

タコ博士

壊れてはないから、安心して。

落ち着いて設定し直せばOKだよ。

WordPressアドレスとサイトアドレスとは

ここは、初期状態ですとワードプレスをインストールしたファイルパスになっています。

  • WordPressアドレス(URL)— WordPressをインストールした場所
  • サイトアドレス(URL)— WordPressにアクセスするためのアドレス

WordPress アドレス (URL)は、基本的にはいじらない方が良い設定値です。

(https化する際など、例外はありますが…)

解決方法

レンタルサーバーにmixhostを使用している場合、cPanel→ファイルマネージャーからwp-config.phpというファイルを編集することで、直すことが出来ます。

cPanelは、mixhostサーバーの管理画面ですね。

ファイルマネージャーは、サーバーの中にあるファイルを編集したりする機能です。

その手順を解説します。

mixhostの管理画面にログイン

まずは、mixhostの管理画面にログインします。

「有効なサービス」欄に、借りているレンタルサーバーの一覧が表示されていますので、クリックします。

cPanelをクリック

左側のメニューに、「cPanelにログイン」とありますので、クリックします。

ファイルマネージャーをクリック

ファイルマネージャーをクリックします。

「WWW」をクリック

ここからはファイルマネージャーの操作です。

ワードプレスの大事なファイルがたくさん詰まったフォルダやファイルなどを直接いじれる画面なので、操作は慎重にしましょう。

お目当のwp-config.phpは、www/takotono.comの中にあります。

まずはwwwをクリックします。

自分のWebサイトのURL名のフォルダがあると思いますので、クリックします。

私は、ワードプレスのインストール時に「wp」というフォルダを作成してインストールしたので、さらに「wp」をクリックします。

フォルダを作成せずにワードプレスをインストールした場合は、URL名のフォルダをクリックするといきなりこんな感じで、ファイルの一覧が表示されるはずです。

要するに、「wordpressインストールフォルダの直下」に、お目当のwp-config.phpファイルは存在します。

wp-config.phpの最下部に追記

 

wp-config.phpを選択状態にしてから、画面上部の編集をクリックすると、テキストエディタが開かれて、編集することが出来ます。

以下の2つをconfig.phpに書き加えましょう。

WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)の設定そのものを元に戻すコマンドです。

update_option( 'siteurl', 'http://****.com' );
update_option( 'home', 'http://****.com' );
※.comは、あなたのWebサイトのドメインに合わせて変えてください。

これを追記後、ファイルを保存して、管理画面のURLにアクセスしてみてください。

変更前の値に戻してあげれば管理画面が開くはずです。

ログイン後は、update_optionですでにWordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)は書き換わっているので、すでに不要となったwp-config.phpの記述を消してあげましょう。

トノ君

うお、これでログインできたぞ。

良かった。。

タコ博士
ログインできないと焦るよね。

defineだとログイン出来ない可能性がある

多くのサイトで、update_optionではなく、defineを使う、と記載があります。

define('WP_SITEURL', 'http://****.com');
define('WP_HOME', 'http://****.com');

こちらのコマンドだと私の場合、ログイン画面は無事表示されるのですが、ログインが出来ませんでした。

私のようにログインでうまく行かない時は、update_optionコマンドを試してみてください。

 

また、このコマンドを記載すると、設定→一般設定 からアドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を設定できなくなります。

「define」コマンドは、データベースの値そのものを変えるわけではなく、wp-config.phpに記載しているWordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)を優先して使うようにするだけのコマンドなのです。

なので、せっかくログイン出来ても、defineコマンドを消すとまたログイン画面が表示されない状態になってしまいます。

そのため、根本解決にならない可能性があります。

まとめ

以上、mixhostサーバーで、wordpressのサイトアドレスの設定を間違えてログインできない場合の対処方法でした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

mixhostに関連する記事

当ブログでは、mixhostに関する記事を特集しています。

実際にmixhostを契約して得られた知識をベースに記事を執筆していますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. mixhostとは。おすすめプランや特徴を解説。

  2. mixhostの契約手順や特徴を徹底解説。自由度の高いコスパサーバーでブログを始めよう!

  3. mixhostでブログを作る手順。申し込みやWordPress設定について。

  4. mixhostの料金プランを解説。WordPressブログを始めるのに最適なプランをご紹介。

  5. mixhostの口コミ・評判はどう?実際にメディア運営したレビューをシェア。

  6. mixhostのログイン方法やcPanelの使い方を解説。

  7. mixhostの独自ドメイン設定方法。新規ドメイン取得も解説。

  8. mixhostサーバーで常時SSL化(リダイレクト)する手順を解説。

  9. [夜間特化]mixhostadultが登場。シン・レンタルサーバーと比較。

  10. おすすめのレンタルサーバー5選【WordPressブログ初心者に最適】

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事