レンタルサーバー

高校生のブログ運営にオススメの格安wordpressレンタルサーバー。

高校生にオススメの格安レンタルサーバー

「wordpressでブログ運営がしたい。」という高校生に向けて、オススメのレンタルサーバーをご紹介します。

高校生がレンタルサーバーを借りる場合、最も気になるのは料金ですよね。とはいえ、低価格にこだわりすぎてスペックがショボいのも避けたいところ。

そこで、料金控え目なのにスペックの高いレンタルサーバー会社をピックアップ。wordpressブログを運用できるレンタルサーバーに絞りましたので、ぜひ参考にしてみてください。

格安レンタルサーバーを選ぶ基準

格安レンタルサーバーを選ぶ基準としては、以下の5項目を重視すると良いでしょう。

 

  • 安くても速いサーバーか

いくら価格重視とはいえ、安かろう、悪かろうでは問題があります。

企業運営の大規模メディアが求めるようなハイスペックは必要ありませんが、個人ブログでもバズったりして多数のアクセスが集まることは良くあります。

そのため、スペックや評判をよく吟味して選ぶ必要があります。

  • 短い契約期間で借りられるか

まとまったお金が用意出来ない学生の場合、1ヶ月や3ヶ月といった短い契約期間で借りれるレンタルサーバーが向いています。

一方で、ほとんどのレンタルサーバーが長期間借りるほど月額料金が安くなる料金システムを採用しています。また、契約期間が短いと頻繁に支払いをする必要があり、更新を忘れてしまう可能性もあるため注意が必要です。

  • 容量は十分か

wordpressでブログ運営して、1000記事レベルで執筆してようやく20G〜30Gバイトといったところなので、50GBもあれば十分だと言えます。

  • ユーザーが多い

利用者が多ければ、検索した際に情報を得やすいため、問題解決の際にスムーズです。

  • プラン変更が出来るか

格安レンタルサーバーは、プラン変更が出来なかったり、上位方向にしか出来ない場合があります。

wordpressブログを運営していると、アクセス数が増える時期だけ上位プラン変更して、また元に戻すといった運用をしたくなることがあります。

そのため、上下両方向にプラン変更が効く会社を選ぶと良いでしょう。

サーバー名 おすすめ度 性能 容量 ユーザー数 プラン変更
ロリポップ ★★★★★ ★★★★☆ 160GB
さくらサーバー ★★★★☆ ★★★★☆ 100GB 不可
お名前.comレンタルサーバー ★★★☆☆ ★★★★☆ 300GB
スターサーバー ★★☆☆☆ ★★★☆☆ 160GB
リトルサーバー ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ 20GB
バリューサーバー ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ 25GB

これら項目を満たしているレンタルサーバーが、最もオススメできる格安レンタルサーバーとなります。

時間がない方のために結論から言うと、ロリポップさくらインターネットがオススメです。

未成年でも借りれる?

レンタルサーバーの契約条件に年齢は無いため、未成年でも借りることができます。ただし念の為、保護者の方の許可を得られてから申込みするのが良いでしょう。

安いサーバーのメリット

低コスト

安いレンタルサーバーを借りることで、当たり前ですが初期費用やランニングコストを抑えることができます。安いからといって基本機能の品質が悪いわけではないので、求める要件にマッチしていれば低コストで運用できた方が望ましいでしょう。

スタートしたばかりのメディア運営ならアクセス数も少ないため、スペックの低いレンタルサーバーでも十分に対応可能です。格安レンタルサーバー全てが十分な品質を提供しているとは言い切れませんが、お試しで運用する程度の品質は備えています。

不要な機能が少ない

格安レンタルサーバーはメール機能やデータ容量などが劣る場合もありますが、個人で使う場合は問題にならないことが多いです。不要な機能が少ない分、かえって使いやすいこともあります。

さらに、wordpress対応や簡単インストール、無料SSLなど必要性の高い機能は備えてるサービスがほとんどです。

安いサーバーのデメリット

サーバーのスペックが低い

格安サーバーはスペックが低い傾向にあります。ここでいうスペックとは主にアクセスが集中するなどして、サーバーに負荷がかかった時の処理能力です。

多数のアクセスに応答を返しきれずに、503エラー※などを表示させてしまうことがあります。せっかくアクセスしてきたユーザーに対して、ページを表示できないのは大きな機会損失につながります。

一般的なレンタルサーバーは、リソース確保に保証を設けていたり、高速化技術を採用して処理能力を向上させています。一方で格安レンタルサーバーはそれほど多くの対策を期待することができません。

※一時的にサーバーにアクセスできずサービスが利用不可能になっている場合に表示されるエラー

 

以下、格安レンタルサーバー各社の特徴をまとめました。

リトルサーバー

リトルサーバーは料金が非常に安いことで有名なサーバーで、全プランでwordpressインストールと運営が可能となっています。

月額料金は150円〜とwordpressインストール可能なレンタルサーバーの中では業界最安値ですね。

ただし、最安値プランの「ミニ」はデータ保存容量が20GBと少なめなので、ブログが大きくなってくると不足する可能性があります。

とはいえ、一例として私が運営している趣味ブログは6年運営して容量が30GBなので、20GBでも十分に大きいです。

上位プランへのプラン変更は可能なので、一旦はコスパ重視で「ミニ」を契約し、収益が発生したら必要に応じて「ワードプラン」や「リトルプラン」へ変更するのがオススメです。

WordPressのようなCMSを運用しない場合、またテキストベースのコンテンツを運用される場合などはミニプランでも十分な快適性が保たれると思われます。

少数のドメインでホームページやブログを運営される場合ならミニプランで十分と思われますが、多数の独自ドメイン、サブドメインを使って複数のホームページやWordPressなどCMSを設置するシーンではワードプラン、またはリトルプランがおすすめです。

リトルサーバー推奨プラン『リトルプラン』は特に抜群のコストパフォーマンスです。

公式の見解です。複数サイトを運営しない場合は、ミニプランでも快適性が保たれる、とありますね。

20日間のお試し期間もあるので、気軽に申し込むことができます。

初期費用 1012円(税込)
月額料金 ミニプラン:150円〜(税込)※1
ワードプラン:195円〜(税込)
リトルプラン:250円〜(税込)
ビッグプラン:430円〜(税込)
wordpress 利用可
サーバー容量 SSD 20GB
電話サポート あり
メールアドレス数 提供ドメインアドレスは20個 / 独自ドメインアドレスは無制限
無料SSL あり

※1 契約期間が12ヶ月の場合。

リトルサーバー公式ページへ

ロリポップ

ロリポップも安価なレンタルサーバーとして人気で、個人から法人まで様々なユーザーに選ばれています。

2001年にサービススタートした運営期間が長い老舗で、公式サイトによれば200万以上のサイト実績があるため、信頼度は高いです。

最も格安なエコノミープランはwordpressが使えないため、ここではライトプランをご紹介します。(プランのアップグレードも可能です)

36ヶ月契約という条件はありますが、月額220円と格安です。まとまったお金を用意できない!という場合、1ヶ月契約も可能で、その場合は440円と十分に安いです。

wordpress簡単インストール、無料SSL、メール無制限など一通りの機能は揃っています。

10日間の無料お試し期間があるため、気軽に申し込むことができます。

初期費用 1650円(税込)
月額料金 ライトプラン:220円〜(税込)※1
wordpress 利用可
サーバー容量 SSD 160GB
電話サポート なし
メールアドレス数 無制限
無料SSL あり

※36ヶ月契約での料金

  • 月額220円
  • 単月契約が可能
  • プランのアップグレード対応
  • wordpress簡単インストール
  • 無料SSL
  • ドメイン最大100個追加可能

ロリポップ公式ページへ

さくらインターネット スタンダードプラン

さくらインターネットと言えば、最も認知度が高いレンタルサーバーですね。

あまり「格安レンタルサーバー」というイメージはありませんが、今回オススメするスタンダードプランは月額524円と十分に安いため、学生でも無理なく借りれる金額です。

電話・メールサポートも付いており、的確でスピーディな対応をしてくれます。

無料お試しも14日間付いているので気軽に申し込むことができます。

初期費用 1048円(税込)
月額料金 スタンダードプラン:524円〜(税込)
wordpress 利用可
サーバー容量 100GB
電話サポート あり
メールアドレス数 無制限
無料SSL あり

さくらインターネット公式ページへ

バリューサーバー

バリューサーバーは、東証1部上場企業のGMOグループ(GMOデジロック株式会社)が運営するレンタルサーバーです。

その名の通り、業界随一の格安プラン(月額146円)を提供しています。wordpressを運用できるレンタルサーバーとしては最安クラスですね。

料金を最重要視する場合には魅力的ですが、スペックも価格相応となっています。そのため、ページ表示スピードや管理画面の表示が遅いことがあります。

ほんの少し料金を上乗せすればより品質の良いレンタルサーバーがあるので、お試しでサイト運営をしてみるという以外にはあまりオススメできません。

また、プラン変更にも対応していないため、他プランに移行したい場合は新規でもう一度契約し、データ移行と再設定を行う必要があります。

初期費用 無料
月額料金 まるっとプラン:146円〜(税込)
wordpress 利用可
サーバー容量 25GB
電話サポート なし
メールアドレス数 3
無料SSL あり

バリューサーバー公式ページへ

スターサーバー

スターサーバーは、業界最大手であるエックスサーバーの関連会社「ネットオウル株式会社」が運営する、高速・格安のクラウド型レンタルサーバーです。

初期費用が全プランで100円、月額料金も138円〜と安さをウリにしています。安さの割にはサーバースペックもそこそこで、利用者の評判も良いのが特徴です。

最も安い「エコノミー」は、MySQL(データベース)が使えないため、データベースが必須のWordPressは使えません。そのため、wordpressブログを運営する場合は「ライト」プランがオススメです。

また、サーバーのスペックが不足した場合は、いつでも上位プランへの変更が可能です。(ただし下位プランへの変更は不可)

注意点としては、電話サポートがなく、メールサポートのみである点です。

初期費用 通常1650円が無料
月額料金 ライトプラン:250円〜(税込)
wordpress 利用可
サーバー容量 SSD 160GB
電話サポート なし
メールアドレス数 500
無料SSL あり

スターサーバー公式ページへ

お名前.com レンタルサーバー

お名前.comといえばドメイン登録サービスが思い浮かびますが、実は同名でレンタルサーバーのサービスも展開しています。

ロリポップやバリューサーバーと同様に、GMOグループ(GMOインターネット株式会社)が運営しています。

料金は月額980円〜と、これまでご紹介してきた他社の格安サーバーと比べると高めです。ですが、ドメインをサーバーと一緒に申込むとドメイン代が実質無料となります。

他社のレンタルサーバーですとドメイン代は別で数百円かかるケースがほとんどですので、実質的には他社と十分対抗できます。

ただし、長期の契約期間でない場合は月額費用が変わりますので注意が必要です。

初期費用 無料
月額料金 980円〜(税込)
wordpress 利用可
サーバー容量 300GB
電話サポート あり
メールアドレス数 無制限
無料SSL あり

お名前.com レンタルサーバー公式ページへ

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事