レンタルサーバー

ConoHa WINGの更新料について解説!契約時の注意点や知っておきたいこと。

ConoHa WINGの更新料

ConoHa WINGは、GMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバー(ホスティング)サービスです。

サービス開始は2018年からと、まだ新しいサービスですが、運用サイト数は40万件を超えており今最も勢いのあるサーバーです。

 

ConoHa WINGを借りたいけど、更新料が高くないか心配。という方がこの記事を読まれているかと思います。

 

結論から言って、ConoHa WINGの更新料は、WINGパック、ベーシックプラン、12ヶ月契約の場合、11,880 円です。

( 月額990 円 × 12ヶ月 )

更新時はキャンペーン割引が適用されない点に注意が必要です。

 

参考までに初年度の支払いは、10,929 円でした。(月額911 円 × 12ヶ月 )

私が契約したときは、月額料金が30%OFFのタイミングでしたので、月額料金は911円です。

 

当記事で解説する大切なポイントは以下です。

  • 契約の自動更新は満期日の30日前
  • キャンペーン割引は、更新時には適用されない

 

この記事では、ConoHa WINGの更新費用や契約について、メリット・デメリットを解説します。

ConoHa WINGの料金プラン

まず初めに、これから解説する内容を理解するために必要な知識として、ConoHa WINGの料金プランについて、簡単に解説いたします。

 

ConoHa WINGの料金タイプは、大きく分けて2タイプ用意されています。

1つ目は「WINGパック」と呼ばれる、長期契約を前提とした料金タイプ。

2つ目は「通常」と呼ばれる、最低利用期間なしの料金タイプです。

 

「WINGパック」は、長期利用割引と、独自ドメイン永久無料がセットになったプランです。

(無料独自ドメインは2つ付きます。)

ただし、3ヶ月以上の契約期間という条件が付きます。

 

一方で、「通常」プランは初期費用・最低利用期間なしのプランです。(無料独自ドメインは付きません。)

料金は、1時間単位の料金体系。例えばベーシックプランなら1時間2.2円~で、最大料金が1ヶ月1,320円と決まっています。

 

 

長期的に使う場合、「WINGパック」がお得になります。月額料金が一定の割合で値引きになるからです。(通常プランは割引なし。)

 

私は、年単位で利用する予定でしたので「WINGパック」で契約しています。

ConoHa WINGの料金プランを解説。WordPressブログを始めるのに最適なプランをご紹介。

↑ConoHa WINGの料金プランについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

ConoHa WINGの契約や更新で気をつけたい点

WINGパックは途中解約ができない

注意点として、WINGパック契約期間中の解約はできない点が挙げられます。

もし、どうしても解約したい場合は、支払いの自動更新をOFFにして契約期間満了になるまで待つ必要があります。

 

解約料金等、別途の料金はかかりませんが、日割り料金の返還はないことに注意してください。すでに支払い済みの月額料金はかかってしまいます。

自動更新がデフォルトとなっている

ConoHa WINGのWINGパックでは、自動更新がデフォルトとなっています。

また、契約満了日の30日前に自動更新されることにも注意が必要です。

 

自動更新は悪いことばかりではありません。

契約し続けたい場合、更新の手続きを忘れていても大丈夫という利点があります。

 

うっかりサーバーの契約更新を忘れてしまい、ブログが止まってしまった。という経験がありますので、むしろ助かるという感覚もあります。

更新時はキャンペーン割引が適用されない

更新時は、初回契約時に適用されたキャンペーン割引が適用されないことも、知っておくとよいでしょう。

そのため更新時には、値上げしたような感覚になることもあります。

 

ただし、キャンペーンが初年度料金にのみ適用されるのは、他社のサーバーについても同様です。

特別にConoHa WINGが高くなる、というわけでは有りません。

 

また、キャンペーン割引は適用されませんが、WINGパックの長期契約割引は適用されています。ベースとなる月額料金は1320円ですが、私の場合1年契約なので、

割引の効いた「月額990円」で契約更新をすることができます。

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGならメディアが成長しても安心

私はConoHa WINGのベーシックプランで、最大月間40万PVのメディアを運営しています。

月間40万PVですと、ときおり同時アクセス集中が起きることがあります。具体的には、Google Analyticsのリアルタイムアクセスで200人〜300人程度のアクセス集中が起こります。

そんな時でも、これまで、一度も503エラー(アクセス集中によるサーバーダウン)になったことがありません。ブログがバズったときも、安心です。

本格的なブログ運営を、高い処理能力でしっかりサポートしてくれるのが、ConoHa WINGです。

万全のSEO

ページ表示スピードが速いサイトは、SEOの評価が高くなるという事実は、Googleが公言しています。

Googleが掲げる10の事実 より

ConoHa WINGは、私がこれまで借りてきたレンタルサーバーの中で、最速の表示速度を発揮してくれています。

 

SEOは相対評価です。仮にライバルの記事が、品質面で同等レベルだったとすれば、ページ表示速度が速い方が上位表示される、と考えて良いでしょう。

 

もちろん、その他にも複雑な要素が絡み合って検索順位が決まっているため、単純な話ではありません。

ですが、「遅いよりは、速いほうが良い。」というのは事実です。

ConoHa WINGは総合的に高くない

初回契約費用、更新料とともに、格安なレンタルサーバーと比べると、ややお値段が張るのは事実です。

 

レンタルサーバーは、大きく分類すると、月額500円クラスと、月額1000円クラスの2種類が存在します。

両者には、使用感に差がでます。主にアクセス集中時の安定性と、ページ表示速度が、体感できるレベルで違います。

 

ConoHa WINGは、1000円前後の高性能なレンタルサーバーにカテゴリーすることができます。

一方で、1000円前後のレンタルサーバーの中では、比較的安価な料金設定を実現しています。

以下、ライバルの価格です。(キャンペーンなしの通常料金、12ヶ月契約)

エックスサーバー…月額1,100円 初期費用3,300円

mixhost…月額1,210円 初期費用無料

 

料金は、価格改定されていることがあります。最新の料金を公式HPで確認してみてください。

最新の料金を公式ページで確認する

■ConoHa WING
https://www.conoha.jp/wing/

ConoHa WINGのデメリット

WINGパックは中途解約が不可

ConoHa WING最大のデメリットとしては、中途解約が不可である点です。

ですが、サービスの品質は高いので、中途解約の必要性はほとんどない、といえるでしょう。

 

「契約したものの、ブログ運営を途中でやめてしまった。」という場合などには、解約できないので注意が必要です。

一方で「長期的なブログ運営について、腹をくくる」という覚悟があるならば、むしろお得です。

ConoHa WINGは低価格&高性能を両立したレンタルサーバー

ConoHa WINGは、個人で借りても負担の少ない月額料金となっています。

一方で、アクセスが集中した際もエラーなどを起こさずに、とても安定しています。

ぜひ低料金&高性能を両立したConoHa WINGの良さをぜひ体感してみてください。初めての1台に間違いないレンタルサーバーです。

ConoHa WING公式ページへ

ConoHa WINGに関連する記事

当ブログでは、ConoHa WINGに関する記事を特集しています。

実際にConoHa WINGを契約して得られた知識をベースに記事を執筆していますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. ConoHa WINGとは。おすすめプランや特徴を解説。

  2. ConoHa WINGでブログを作る手順。申し込みやWordPress設定について。

  3. ConoHa WINGの契約手順や特徴を徹底解説。最速サーバーでブログを始めよう!

  4. ConoHa WINGWordPress設定方法について詳しく解説。「WordPressかんたんセットアップ機能」とは。

  5. ConoHa WINGの料金プランを解説。WordPressブログを始めるのに最適なプランをご紹介。

  6. ConoHa WINGが過去に実施していたキャンペーンまとめ。頻度やお得に契約する方法もご紹介。
  7. ConoHa WINGWordPress移行代行 使用レビュー。完全丸投げでラクラク引っ越し。

  8. ConoHa WINGの口コミ・評判はどう?実際にメディア運営したレビューをシェア。

  9. ConoHa WINGのログイン方法やコントロールパネルの使い方を解説。

  10. ConoHa WINGの独自ドメイン設定方法。新規ドメイン取得も解説。

  11. mixhostConoHa WINGを実際にメディア運営して比較。[月間10PV以上で試しました]
  12. 最強のレンタルサーバーはどこか決める。
  13. おすすめのレンタルサーバー5選【WordPressブログ初心者に最適】

 

WordPressブログのレンタルサーバーで迷ったら…?

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(おすすめするレンタルサーバーは、すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

関連記事

WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていませ[…]

最新情報をチェックしよう!
       

LATEST新着記事