WordPressでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい!

そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーを6つご紹介します。(すべて実際に契約して試しています。※PRのための商品提供は一切受けていません。)

 

国内でシェア率の高いエックスサーバーさくらのレンタルサーバーロリポップ!

そして新興系ながら、シェア率を大きく伸ばしているmixhostConoHa WINGの5社を中心に、比較しながら検討していきます。

 

国内だけでも100社近くあるレンタルサーバー。無数に存在しますが、本当におすすめできるのはここで紹介する数社だけです。

その数社の中から、ポイントを押さえて選べば、快適なWordPressライフを送ることが可能です。

 

この記事では主に、公式HPだけではわからない各社の比較情報をわかりやすくまとめました。

さらに、実際の使用感を元にしたレビューや、目的別のおすすめサーバーをご紹介します。

レンタルサーバー会社 比較ポイント

レンタルサーバー 価格別 早見表

レンタルサーバーの月額料金は、500円〜3000円ぐらいが一般的です。

結論から言って、WordPressブログを運営する場合は1000円前後のレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

 

様々なレンタルサーバーを試した結果、500円前後のサーバーと、1000円前後のサーバーでは、明確にサービス品質に差があります。

  • アクセス集中時の安定性
  • WordPressブログの表示速度

主に、上記2点で明確な差がつきます。

個人向けレンタルサーバーを価格別に分類

一例として500円前後のさくらのレンタルサーバーでは、

目安値を大きく上回る、または短時間に転送量が大きく増加した場合、「503 Service Temporarily Unavailable」等のエラーが表示されます。(制限を受ける)

 

一方で、1000円前後の月額料金で運営されているレンタルサーバーなら、アクセス集中時も安定稼働してくれます。

WordPressで個人ブログを運営する場合、スタンダード(一番下)のプランで、十分以上にスペックの高いサーバーを借りることができます。

私は1000円前後のエックスサーバーmixhostConoHa WING等でサイト運営をしていますが、

アクセス集中時に、これまで一度も503エラーを表示したことがありません。

 

料金は安いほど嬉しいですが、基本的には、レンタルサーバーの品質は価格と比例すると考えて良いですね。

 

サーバーの引っ越しは大変ですので、はじめから満足いくサービスレベルを提供しているサーバーを選ぶことが大切です。

料金で選ぶ…というよりも、自分にとって必要な要件が揃っているレンタルサーバーを選ぶと良いですね。

 

今回は、コスト最優先ではないので、月額100円〜400円の格安系は触れません。
機能は絞られていますし、安定性も低い傾向にあるからです。

契約期間別 サーバー月額費用 比較

契約期間別に、サーバー月額費用を比較した一覧です。(初期費用は除く。2022年3月現在。最新の料金は各社HPでご確認ください。)

月額1000円前後のレンタルサーバーは以下になります。

一方で、

は、月額500円前後のレンタルサーバーです。

ColorfulBox(カラフルボックス)は料金一覧には未掲載ですが、長期契約(12ヶ月)を条件に月額583円とお安いですね。

レンタルサーバーに欲しい機能

WordPress簡単インストール機能

WordPressの簡単インストール機能が付いているか確認しましょう。

管理画面からポチッとボタンを押すだけでWordpressのインストールが完了する機能で、現在では多くのレンタルサーバーで用意されています。

データベース(MySQL)が利用できるか

データベース(MySQL)が利用可能かチェックしましょう。データベース(MySQL)機能があると、一つのレンタルサーバー上で複数のWordpressサイトを運営することが可能となります。

将来的に複数サイトを運営する予定であれば必要です。

ブログを運営していると「もう一つ運営しよう。」という気持ちになることが多いです。そのため、利用可能なプランを選ぶのが個人的にはオススメです。

無料SSL機能があるか

SSLは、運営するブログのセキュリティ対策で、現代的なWebサイトに必須の機能です。無料で使えるSSL機能が用意されてるか、念の為確認する必要があります。

とはいえ、今時のレンタルサーバーはほとんどの場合、無料SSLに対応しています。

WordPressブログにオススメのレンタルサーバー6選

WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーは以下の6つです。

それぞれの特徴と合わせて、順番にご紹介していきます!

エックスサーバー

 

初期費用 3,000円
月額料金 990円~
無料お試し期間 10日間
容量 SSD300GB
転送量目安 600GB/日
データベース
(MySQL)
無制限

ブロガー、アフィリエイターからの人気が高いのがXServer(エックスサーバー)です。

運営歴が長く信頼性があります。WordPressサイトの運営にエックスサーバーを使っている人はかなり多いです。

みなさんオススメされていますが、それだけ信頼性が高いということです。

  • 安定性が高い
  • 契約件数が多い
  • 容量・メモリなどサーバースペックが高い

特に安定性はピカイチで、一度に大量のアクセスがあっても耐えてくれます。

使用している人が多いと安心感がありますし、わからないことがあった時もノウハウが溜まっているため調べやすく初心者におすすめのレンタルサーバーです。

 

→エックスサーバーでは、初期費用が全プランで無料化されました。詳しくは下記記事でまとめています。

[朗報]エックスサーバー全プランで初期費用が廃止!ライバルと料金比較。

エックスサーバー公式ページへ

エックスサーバーに関連する記事を特集しています

当ブログでは、XServer(エックスサーバー)に関する情報を特集を組んでまとめています。

実際にエックスサーバーを長年利用して得た知識や所感をベースに、他社サーバーとの比較などを掲載しています。

ご興味がありましたら、他記事もぜひご覧ください。レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. エックスサーバーでブログを作ろう!申し込み手順とwordpress設定を解説!

  2. エックスサーバーの契約手順や特徴を徹底解説。ブログを始めよう!

  3. エックスサーバーの口コミ・評判を徹底チェック!ユーザー目線の使用レビューをご紹介。

  4. エックスサーバーの料金プランを解説!便利な機能もご紹介。
  5. エックスサーバーに相性の良いWordPressテーマ7選!

シン・レンタルサーバー

初期費用 無料
月額料金 990円~
(キャンペーン価格693円)
無料お試し期間 10日間
容量 SSD300GB
転送量目安 900GB/日
データベース
(MySQL)
無制限

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバー株式会社が運営する「革新性」をテーマにしたレンタルサーバー。2021年5月にスタートした、まだ新しいサービスです。

(旧名:wpXシン・レンタルサーバー

累計200万サイトで実績がある「エックスサーバー 」の技術を用いながら、高速化を実現する技術「KUSANAGI」を搭載し、低料金とハイスピードを両立したサービスです。

 

エックスサーバーとほぼ同スペックですが、以下の違いがあります。

  • 最新技術が先に搭載される
  • 料金体系がシン・レンタルサーバーの方が安い
  • CPU・メモリなどのリソースが厳格に管理される

 

シン・レンタルサーバーはWordPressの表示速度と割安な料金にこだわって提供されているサービスです。

 

XServer(エックスサーバー)が良いけど、ちょっと高いな…というユーザーにとてもオススメできるサービスです。

私は両方借りていますが、サービスレベルや表示速度はほぼ互角です。

 

まずは無料お試し期間で、その革新性を体感してみてはいかがでしょうか。

シン・レンタルサーバー公式ページへ

合わせて読みたい・シン・レンタルサーバーに関する記事

当ブログでは、シン・レンタルサーバーに関する記事を特集しています。実際にシン・レンタルサーバーを契約して得られた知識をベースに記事を執筆しています。

レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. シン・レンタルサーバーとは。おすすめプランや特徴を解説。
  2. シン・レンタルサーバーでブログを作る手順。申し込みやWordPress設定を解説!

  3. シン・レンタルサーバーのKUSANAGIとは。wordpress爆速の高速化技術。
  4. シン・レンタルサーバーの口コミ・評判をチェック!ユーザー目線の使用レビューなど。
  5. 結局どっち?シン・レンタルサーバーとエックスサーバーを比較。

mixhost

初期費用 0円
月額料金 880円~
無料お試し期間 10日間
容量 SSD150GB
転送量目安 2TB/月
データベース
(MySQL)
無制限

mixhostはかなりサービスレベルが高いレンタルサーバーです。

私は実際にmixhostを借りて数十万PV規模のWebメディアを運営(運営期間3年)しています。新着記事がニュースサイトに掲載される仕組みを構築しており、数百ユーザーが同時アクセスすることも珍しくありません。

そんな時でも、これまでアクセス過多によるサーバーエラーは一度も起きませんでした。安定性という意味で、とても信頼の置けるサービスです。

 

WordPressの表示速度は相当速く、数値化するのは難しいですが、体感としてはエックスサーバーと比べて劣るような印象は一切ありません。

また、Wordpressの管理画面もサクサク動くので、記事執筆も快適です。

実際に、第3者機関であるJMR(日本マーケティングリサーチ機構)によるスピードテストでNo1を獲得しています。

 

エックスサーバー推しな当ブログですが、もしエックスサーバーが選べないとすれば、mixhostをオススメします。

  • SSL化などの設定が簡単
  • 過去14日分を無料で自動バックアップ
  • 高速Webサーバー「LiteSpeed」を採用

唯一の弱点としては、Cpanelと呼ばれる管理画面の使用感が独特な点です。使いやすさに定評のあるエックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)に比べると、やや分かりにくいこともあります。

ただし、すぐに慣れるので各種設定を迷うことなく実施することができます。

 

エックスサーバーと同様に、ユーザーが多く知見も溜まっているので、検索したときに答えにたどり着きやすいですね。

迷ったらエックスサーバーmixhostにしておけば間違いないでしょう。

mixhost公式ページへ

mixhostに関連する記事

当ブログでは、mixhostに関する記事を特集しています。

実際にmixhostを契約して得られた知識をベースに記事を執筆していますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. mixhostとは。おすすめプランや特徴を解説。

  2. mixhostの契約手順や特徴を徹底解説。自由度の高いコスパサーバーでブログを始めよう!

  3. mixhostでブログを作る手順。申し込みやWordPress設定について。

  4. mixhostの口コミ・評判はどう?実際にメディア運営したレビューをシェア。

  5. mixhostのログイン方法やcPanelの使い方を解説。

Conoha Wing

初期費用 0円
月額料金 1320円~
(キャンペーンで911円〜)
無料お試し期間 14日間
容量 SSD300GB
転送量目安 無制限
データベース
(MySQL)
無制限

ConoHa WingもWordPressブロガーに人気のレンタルサーバーです。東証1部上場企業のGMOインターネットのGMOクラウド株式会社が運営しています。

 

表示スピードに定評があり、あくまでも自社での計測ですが「国内最速」を謳っています。

※体感でも速いです!最速クラスというのは、間違いではないと感じます。

 

技術面では、エックスサーバーも搭載されている、WordPress等のCMS(コンテンツマネジメントシステム)を高速表示するための「KUSANAGI(くさなぎ)」を搭載。

他にも、WordPressテーマを割引価格で購入できたりするので、WordPressブログとの相性は抜群です。

 

また、他社にない強みとして、サーバーの引っ越し代行を格安で実施しています。今お使いのレンタルサーバーに不満がある場合は、検討の余地があるサービスですね。

対象 国内の他社レンタルサーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用しており、
ConoHa WINGをご契約の上、移行を希望されるお客様
基本料金 7,678円/サイト

驚くべきは、引っ越し料金の安さで破格の7,678円。ありえないぐらいに安い設定と言えます。

この金額で、サイトデータ移行、SSLの再設定、DNS設定など自分ではやりたくない面倒な作業を全て代行してくれます。

  • 他社サーバーの表示速度に不満がある
  • WordPressの表示速度にこだわる中〜上級者

そんなユーザーには最適のサービスです。

ConoHa Wing公式ページへ

ConoHa WINGに関連する記事

当ブログでは、ConoHa WINGに関する記事を特集しています。

実際にConoHa WINGを契約して得られた知識をベースに記事を執筆していますので、レンタルサーバー選びの一助になれば幸いです。

  1. ConoHa WINGとは。おすすめプランや特徴を解説。

  2. ConoHa WINGでブログを作る手順。申し込みやWordPress設定について。

  3. ConoHa WINGの契約手順や特徴を徹底解説。最速サーバーでブログを始めよう!

  4. ConoHa WINGWordPress設定方法について詳しく解説。「WordPressかんたんセットアップ機能」とは。

  5. ConoHa WINGの口コミ・評判はどう?実際にメディア運営したレビューをシェア。

ロリポップ

初期費用 1,500円~
月額料金 500円〜
無料お試し期間 10日間
容量 HDD150GB
転送量目安 100GB/日
データベース
(MySQL)
30個

ロリポップは、月額料金の圧倒的な安さが特徴(業界最安値)です。とにかく安くwordpressサイトを作りたい!というユーザーが選んでいます。

運営歴も長く信頼性は高いです。

  • 月額料金がもっとも安い
  • WordPressの導入も簡単
  • サービス運営歴も長く、信頼性が高い

最も安いエコノミープランの月額料金は、なんと100円(税抜)! 缶コーヒーよりも安い価格で、サイト運営やWebメールのほか、ブログサービスまで使えてしまいます。

※エコノミープランはwordpressブログはできません

ただしページ表示スピードやアクセスの安定度は、他社のサービスに比べると劣ります。お手軽派にはオススメですが、本格的な運用をする場合は他社を選ぶべきです。

サーバーの引っ越しは大変なので慎重に選びましょう。

ロリポップ公式ページへ

ColorfulBox(カラフルボックス)

初期費用 0円(3ヶ月以上の契約の場合)
月額料金 480円~
無料お試し期間 30日間
容量 SSD30GB
転送量目安 2TB/月
データベース
(MySQL)
無制限

カラフルボックスは2018年にスタートした新しいサービスです。とにかくサーバーのスペックが高いことが特徴で、Webサイトの高速化に関するオプションも充実しています。

  • 高速Webサーバー「LiteSpeed」を採用
  • 過去14日分を無料で自動バックアップ
  • 申し込み後もプラン変更可能

無料お試し期間も30日間と長く、月額料金も480円~と安く始められるのもポイント。しかも料金プランの変更も簡単にできるため、財布と相談して柔軟に料金を変更することができます。

契約期間が1か月の場合のみ初期費用が2000円かかりますが、3か月以上の契約なら無料です。

WordPressに必要なデータベース(MySQL)は全プランで無制限使えるので、1つのサーバーに複数のWordPressをインストールする事も可能です。

簡単インストール機能があるので手間もかかりません。

また、東京と大阪からリージョン(データ保存場所)を選べるのもユニークなサービスです。

本格的な運用を目指すユーザーにオススメのレンタルサーバーですね。

ColorfulBox(カラフルボックス)公式ページへ

WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーまとめ

がっつりWordPressブログ運営をする予定で、スペックを重視したい場合には、以下のサーバーから選べば間違いありません。

レンタルサーバー 初期費用・
月額料金
特徴
エックスサーバー 3,000円
990円~
定番、サーバーの安定性が高い
老舗の安定感
迷ったらコレ
シン・レンタルサーバー 0円
990円~
エックスサーバーと同等のサービスを安価に
最新技術は先に搭載される
ミックスホスト 0円
880円~
表示速度が速い、高性能
アダルト、出会い系OK
ConoHa Wing 0円
1320円〜
最速クラスの表示スピード
一部上場企業のGMOで安心

 

一方で、コスパ重視なら以下のレンタルサーバーがおすすめです。

ただし、私は500円前後のレンタルサーバーから途中で引っ越した経験があります。

ざっくりとした目安として、10万PVを超えるようなメディアを運営する予定なら、コストよりスペックを重視しましょう。

レンタルサーバー 初期費用・
月額料金
特徴
ロリポップ 1,500円
500円〜
価格重視、信頼性
シェア率高い
カラフルボックス 0円~
480円~
高性能で安い
12ヶ月以上契約でグッと安くなる

以上がオススメのレンタルサーバーになります。引っ越しはとても労力がかかるので、慎重に選ぶことをオススメします。

何を重視するのか?で選ぶと良いでしょう。